ポイントサイトと確定申告

ポイントサイトの確定申告について説明したいと思います。

確定申告とは、1月1日~12月31日の1年間収入を確定し、所得税等の申告をする手続きになります。
会社等で働いていれば、会社で年末調整という税金の精算をしますので、個人で特に申告をする必要はありません。
例えば、会社に提出した所得控除になる証明書を出し忘れていた、結婚したのに控除の対象としていなかった、医療費控除がある、といった場合別途確定申告することになります。
※税金が還付されるケースでは、還付金を放棄するのであれば申告する必要はありません。

ところで、ポイントサイトで稼いでいる人で確定申告が必要な人は下記の通りになります。

給与・年金等の収入がある人で、ポイントサイトの収入が20万超の人
ポイントサイトの収入のみで38万円超の人

最低ラインは上記の通りになります。
その他の所得が20万円以下であったり38万円以下であれば確定申告を省略することができます。
※確定申告をする必要がある場合は、ポイントサイトの所得が1円でもあれば申告する義務があります。

確定申告不要ではなく、あくまで省略制度です。申告する場合はすべての収入を申告する必要があります。

収入 - 経費 = 所得

さて、収入に関しては、ポイントの性質によって異なります。

友達紹介制度等、紹介料を受け取った場合は事業所得・雑所得になると考えられます。
※事業所得・雑所得区分は、本業・副業、継続性、金額の多寡、等で判断することになります。

セルフバック等のポイントは一時所得と考える場合と、事業所得・雑所得と考えられる場合の2つのケースがあると思います。
※一時所得の場合は、50万円の控除があり、他に一時所得がなければ50万円の控除額以内のポイントであれば税金は発生しないため申告義務はありません。

通常、セルフバック等のポイントのみの収入しかない場合は、一時所得と考えられますが、友達紹介制度等、ポイントの受け取りを本業また副業として営んでいる場合、友達紹介制度等で収入を得ている同一ポイントサイト内のセルフバックも事業の一環とみなすことも考えられます。そうすると事業所得・雑所得に付随する収入と考え、ポイントバックを一時所得から事業所得・雑所得に含めるのが正しい処理だと言えます。

無料登録でポイントがもらえる場合は事業所得・雑所得に含めた方が無難ですね。
イメージとしては、自分にサービスを紹介した報酬と考えるとわかりやすいと思います。
というのも、根本的に税金が想定している果実とは、経済的利益を得ているかどうかです。
所得税はお金やポイントという具体的な数字にではなく、経済的な利益があれば課税されます。

そのため、ポイントの収入とみなされる時期は、ポイントを受取ることが確定した時点であり、後にポイントを換金した時点ではありません。
(発生主義)

国税庁の質疑応答事例にポイントサイトに関するものはありませんが、常識的には上記の処理が正しいことになります。

下記の国税庁の確定申告書作成ツールで行えば便利です。
国税庁 確定申告書等作成コーナー

※当サイトの内容は税理士による見解ですが、他サイトの税務署の回答や顧問税理士の意見を掲載しているサイトはあくまで一つの見解だと思ってください。優秀だとか地元の税務署に確認を取ったというのは何の根拠にもなりません。